hanapapa aquarium

海水魚&サンゴ飼育の備忘録です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽小屋

 梅雨が明け暑い日が続いています。 体調を崩しやすい季節ですのでどうぞご自愛ください。

 さて水槽のその後ですが、悲惨というか凄惨というか見るのがつらい状態です。 自分の管理の甘さからほとんどの生体を殺してしまいました。
 現在、生き残ってくれているのははアサヒハナゴイ、ゴールデンストライプトアンティアス、マダラハナダイ、レッドスクータ-、ベルス、ローンボイド、オセレイトラスなどです。

 死なせてしまった魚たちには申し訳ないのですが、再起をはかるべく水槽設置計画を検討しています。 今回の大きな変更点は、庭に水槽小屋?を設置することです。 大きさは6畳くらいで、プレハブ工法、従来工法、イナバ物置・断熱仕様の3種類から選定します。 8月中に着工し、9月上旬には完成させる予定です。
 設置する水槽ですが、現在の90×45のほかに120×60、60×60(深さはすべて60です)を新設します。 ろ過は90は現状のまま、120と60にはエコをメインとするろ過(補助としてETSS800を付けます)を予定しています。 水槽ごとに3種類の水景がつくれるので、魚は控えめにし、サンゴやろ過に負担がかからないように配慮したいです。
 水槽と小屋の設置費用は?万円ですし、過去の経験を生かして失敗のないよう計画しているつもりですが、みなさんからご助言を頂けますと幸いです。
 どうぞよろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 

在来工法でしたら、建築用柱で水槽台をできるだけ大きく(長く)作ってもらうと安くて丈夫で、将来水槽を大きくする時にも簡単です。
水槽と台をピッタシにしようとする方多いですが、余ったスペースは物置にもなりますし、スキマー置けますし便利です。
すべて同じ高さでいいと思います。
高さはキーパーの身長にもよりますが、OL40が入るくらい高くしておくとミドボンやスキマーも入ります。
ソファーに座った目線に水槽を置きたいから台を低くする方いますが、長期的メンテには向かないです。
座ってゆっくり眺めているような暇はキーパーには無いです^^;)
  • posted by かずみ 
  • URL 
  • 2008.07/26 11:58分 
  • [Edit]

かずみさんへ 

いつも書き込みいただきありがとうございます。
木製の水槽台を大工さんに作ってもらうことをすっかり忘れていました。 早速検討してみます。
また、高さのアドバイスありがとうございます。 120水槽にはQL-40を付けますので、収まる寸法で考えてみます。 またなにかお気づきのことがありましたらお教えください。 よろしくお願いいたします。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

hanapapa

Author:hanapapa
北関東に住むおじさんです。

最近の記事

Twitter

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。