hanapapa aquarium

海水魚&サンゴ飼育の備忘録です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーゲスBF

 最初にインディアンBFを取上げたので、続けてロア亜属のタンクメイトを紹介していこうと思う。 バーゲスBFはマニラ便やネシア便で入荷するが、一般種と比べて高価なためか状態良く入荷することが多い。

 13年前初めて飼育したが、当時から入荷状態は変わっていないと思う。 金額も10K弱くらいだった。 現在飼育しているのは昨年9月VESSELで購入した個体で、1ヶ月近く取置いていただいた(緊急事態により昨年8月水槽を移動せざるをえなくなり、飼育していた魚全てをVESSELで預かっていただいた。 通常は1週間以内が常識)。 当然状態は完璧でインディアンより若干大きく、テリトリーを左右に分けあったため問題なく導入できた。 メタハラで焼けることもあるが、我が家の個体は購入時と変わらない。 ロア亜属の中では協調性もあり混泳させやすい種類だと思っている。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

hanapapa

Author:hanapapa
北関東に住むおじさんです。

最近の記事

Twitter

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。