hanapapa aquarium

海水魚&サンゴ飼育の備忘録です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクションホース

 今週になってから湿度の低い日が続き、なんとなく秋を感じさせるようになってきました。

 週末に上下水の配管工事をおこなったのですが、電気屋さんが掘った溝に通そうとすると下水の配管は90度以上(120度くらい)曲げなくてはいけません。 ところがVPのエルボは差し込みが短いので接着してから曲げようとしても脱落してしまいます。 トーチで温めてみたのですがエルボはうまく曲がりません。 45度のエルボでも角度をあわせるのは難しそうです。 で思いついたのがジャバラホースかサクションホースでした。 ジャバラホースはけっこうな値段ですしゴム製で地中での耐久性を考えるとパス。 安くて埋めても大丈夫そうなサクションホースを用意しました(m/700円位)。 常温では硬いですが、お湯にしばらくつけておくとパイプを通すことができそうです。 しばらく持ってくれると期待しているのですが…。
 ご存じの方がいらっしゃればアドバイスいただけると幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 

過去の文章を少し拝見しました。私よりずっと経験がありお金も使ってきていらっしゃるようです。私は、ようやく初心者の域を脱したかな、というレベルで、これから引き続きもっと勉強したいと思っています。自宅のパソコン移動中で携帯からの閲覧、書き込みです。

水槽小屋そして水道配管などは自宅の新築と並行して大工さんに作ってもらいました。KDA1000を購入したりもし、お金が本当になくなってしまいました。
サクションホースはどうなんでしょう。やはり年単位での老化は心配ですがよく分かりません。
  • posted by けんすけ 
  • URL 
  • 2008.09/11 18:30分 
  • [Edit]

 

私は殺菌灯は現在使っていません。水槽は生体数を抑え、給餌も抑え目に見えない微生物のレベルから水槽内の生態系を考えてみたいと思っています。
白点病は立ち上げ初期、たとえば換水や生体の追加などちょっとしたきっかけで発生しますが安定すると出にくくなります(私の少ない経験では)。サンプにはろ材を底に少し置いてますがあまり急速ろ過にならないようなセッティングを試しています。サカナの側から考えてみると混泳密度が高かったり照明が明る過ぎたりするとストレスでかかりやすくなるような・・

スキマーに関しては以前ハナガササンゴを成長させ増やしたいという理由からスキマーなしのDSB水槽を試したりしてますが、生体を増やすならやはりスキマーは必要になってきますよね。
ちなみに最近始めたエコシステム水槽に関しては生体数を抑えていて、エコシステムの社長さんによればスキマーはタイマーで制御しては、という助言をいただいています。

まだまだ初心者のレベルなので今後は考え方変わるかもしれません。
  • posted by けんすけ 
  • URL 
  • 2008.09/11 18:50分 
  • [Edit]

 

私もサクションホース持ってます。
7年くらい前に使おうかと思って5m買いました。
名前を知りませんでしたが、こちらで言われて初めて名前をしりました。
径は台所排水ホースと同じですので、塩ビとは微妙にあいません。
結局使わないで在庫してます。
  • posted by かずみ 
  • URL 
  • 2008.09/11 20:46分 
  • [Edit]

 

けんすけさん
この趣味は経験が必要な時もありますが、センスの方が大切かもしれません。 自分のように年数だけ長くて学習能力のない人間もいますので…。
システムはどれがいいとは一概に言えないと思います。 飼育する生体や数はひとそれぞれで、殺菌灯も使わなくてすめばいいのですが、チョウチョウなど白点にかかりやすい種類を飼うときには予防で必要と思います。 また、最近はろ材を使わないベルリンが流行っていますが、ベルリンですべて飼えるとは思いません。 負荷のかかる水槽にはサンゴ砂を使った強制ろ過は非常に有効です(水換えは頻繁にしなくてはいけませんが)。 エコシステムやDSBのようなシンプルなシステムで生体の様子を見ながら飼育するのがいいかなと個人的には思います(自分はベルリンとの併用型ですが…)

かずみさん
サクションホースを使うのは初めてです。 かなり硬いので熱湯のなかにしばらく浸けてからやってみます。 テトロンホースのように伸びてくれるといいのですが…。
 

 

チョウチョウウオは昔10代の時に混泳の失敗や病気で全滅させてしまった痛い思い出があり以来、手を出してません。確かに、自然の海でも白点にかかったチョウが見られるように、生体や目的によってもシステムや飼育法は変わってきますよね。
年数だけ言うなら私なんて海水は小学生の頃からやってますがいまだに・・。
昔の雑誌見るとウェットろ過全盛でしたよね。
お金がかかる趣味ですが何とか節約して楽しみたいですね。

また何かあったら書きます、よろしくお願いします。たまにベッセルさんにも行ってるのですれ違ってる可能性もありますね。
  • posted by けんすけ 
  • URL 
  • 2008.09/11 23:05分 
  • [Edit]

 

けんすけさん
どうも年寄りになると説教じみたり、くどかったりしてすいません。
システムは使う人の技量でどんなふうにでもなります ということと思います。
さて、お知らせならびにお誘いしたいことがあります。 よかったらメールしていただけませんか。
よろしくお願いいたします。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

hanapapa

Author:hanapapa
北関東に住むおじさんです。

最近の記事

Twitter

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。