hanapapa aquarium

海水魚&サンゴ飼育の備忘録です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

 異常気象であちこちに被害が出ているようです。 被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。
 うちでは土曜日に法事をおこなうため九州北部から親戚が来てくださったのですが、幸い前日に発ってこられ予定通り到着、なんとか無事終了しました。

 さて、海水魚を始めた頃の参考書は”世界の海水魚カタログ”で、その後S&S、MA、CFなど雑誌は毎号購読していたのですが、飼育書はあまり購入していませんでした。 というのも生意気で申し訳ありませんが本によっては?と感じるものも多かったせいです。
 といっても勉強?のため三冊購入してみました。

09072701.jpg

 写真が多くて綺麗な本なのですが定価が… ということでオークションを利用して1K/冊ほどで購入しました。 右側から古く95年、03年、07年の発行。 本ごとに時代の移り変わりが感じられます。
 気に入ったのはやっぱりというか新しい一番左。 陰日性の綺麗な写真も掲載されていていい感じです。
 スイハイに行く機会もあまりないのでレイアウトなど参考にしたいと思います。
 読んでる際にいくつか気付いた点のひとつ、ご愛敬でこんな誤りが
09072702.jpg
 ”海水魚”はあるので残りは”陰日性”のみ。 中古ではなかなかないようです(人気がないかも)。
 
 水槽は200Lの換水。 今回からクーラー(CL-500)を接続し水温合わせをしました。
 肝心の状態は下がり気味。
 LPS水槽のアヤメ、シマとメイン水槽のニシキの動きが鈍いです(ハナゴイ水槽のアヤメとシマは問題ないですが…)。
 3系統とも同じ水が循環しているのですが、調子がまちまちなのはおもしろいような大変なような。  なんとか復調してくれるよう頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title 

hanapapaさん、
うちも同じように2つの水槽がつながっていますが、2つとも状態が少しずつ違います。私の家での原因は、各水槽のサンプと水槽の海水の循環回数が違います。そのことによって、少々苔の出具合などが違うように思います。当然、照明の違いもあると思いますが、循環回数のほうが大きく影響していると思います。

No title 

やはり水温が関係しているのでしょうか?
23℃くらいの低めが良いのでしょうか?
うちも悪くはないですがなんとなく・・・。
  • posted by あなごんべ 
  • URL 
  • 2009.07/28 01:33分 
  • [Edit]

No title 

TAKAさん

こんばんは。
回転数、照明、水流、ライブロック、底砂などで違いがでる感じですね。 中でもTAKAさんがおっしゃるように回転数の影響が大きいようです。
うちでは一番最後に(2ヶ月遅れ)立ち上げたハナゴイ水槽のライブロックにトロロのようなコケ(茶色)が付いてとまりません(照明はLEDのみなのですが…)。 見栄えが悪いのでヤドカリを大量投入してみましたが一進一退といった感じです。 発生原因がわかるといいのですが…。

No title 

あなごんべさん

こんばんは。
水温を下げたことで回復したのはブラバン小のみでした。
その他の魚は相変わらず…。
水質の悪化を遅らせるためにとりあえずこのまま23℃で様子を見たいと思います。

なんとなくですが梅雨から秋口までは試薬でわからない水質の悪化があるように感じています。 水温変化が速いのも一因なので早く涼しくなってくれるといいのですが…。

No title 

hanapapaさん、
家の水槽は、1日のうちに23.3~24.4℃で変化します。何回上下しているのか知りませんが。。。
一度徐々に全体の温度を上げたことがありました。最高温度を26℃までもっていきました。しかしながら、魚に病気がかなり発生してしまったので、すぐにもとの温度に下げました。うちのシステム(ZEOvit)は、バクテリアに依存?しているので、いきなり温度を上げると、魚が参ってしまう気がします。初めから高いと問題ないと思いますが。
やはり温度が高いと、生物の新陳代謝も高くなるので、そのあたりを気をつけないといけないかもしれませんね。
ちなみに、家の水槽はシアノとの戦いになっています。バクテリア+Coral Snowで結構シアノはなくなります。

No title 

TAKAさん
今年は22.4~23.0℃で水温が上下しています。
去年までは冬23℃夏26℃の設定で上下も1℃近くありましたが今年ほど影響しなかったような気がします。 室内エアコンをつけっぱなしにしているのでかえって過保護で魚の耐性が弱いのかもしれません。 他にも原因はありそうですので観察する時間を長くしたいと思います。

コケ除去にマリンタンククラリファイヤーを使ってみようと思っています。 シアノもコケも一過性のことが多いですが見栄えが悪いのはいやですね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

hanapapa

Author:hanapapa
北関東に住むおじさんです。

最近の記事

Twitter

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。