hanapapa aquarium

海水魚&サンゴ飼育の備忘録です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔話 その1

 自分が魚と関わりを持ったのは3歳くらいからでしょうか。
 その頃は伊丹に住んでいました。
 ため池が多かったので親父に鮒釣りに連れて行ってもらったり、一人で近くの小川でザリガニやカエルを採ってはバケツやたらいの中でいじくりまわしていました。
 近くには同じ年くらいの子供がいなかったので友達ができず、毎日同じことを繰り返していました。
 その様子を見ていた近所のおばさん達から「夕食のおかずが取れてよかったね」とからかわれていたようです。

 その後も魚釣りが趣味となり、親父に海や湖に連れて行ってもらいました。
 御殿場に住んでいましたので、山中湖でワカサギやオイカワ、沼津や熱海の防波堤でメジナやシロギスを釣ったりしました。
 現在飼育しているウチウラタコアシサンゴのウチウラはその頃魚釣りをしていた沼津の内浦湾から名前がついたことを少し前に知りちょっと感慨深いものがあったりしました。
 また、横浜の金沢区に伯父が住んでおり釣り好きだったので長期休みの度に泊まりがけで遊びに行きました。
 2つ下のいとこと二人だけの時は日産の追浜工場の防波堤や逗子の小坪マリーナで海タナゴやサヨリなどを釣り、伯父が休みの時には荒崎や剣崎、城ケ島などに行き、磯からメジナや海タナゴ、アイナメ、船釣りではカサゴ、メバルなどを釣りました。
 いまになって思い返してみると船釣りではイラやキュウセンをはじめとするベラはもちろん外道としてサクラダイ、アズマハナダイなどを釣ったような気がします。

 現在住んでいる群馬県には中3から移ったのですが、家のすぐ近くに鏑川(利根川の支流)があり、年鑑(通年使える鑑札・中学生まで100円だったような)を買って、ほぼ毎日釣りに出かけていました。
 その頃はUコンやラジコンも熱心にやっていたので、勉強もせずもっぱら遊んでばかりでした(今も変わりませんが…)。

 若いころは元気があったので大学ではソフトボール、社会人になってからはスキー、ゴルフ、草野球などをしていました。
 ところが、30くらいになるとちょっとお疲れ気味になり家でできる趣味に方向変換、小さい頃飼いたかった熱帯魚も始めることにしました。
 きっかけはイトーヨーカドーの安い水槽セットでした。

 当初はネオンテトラなどを飼っていたのですが、少しするとアフリカンシクリッドを飼うようになりました。
 もちろん最初の水槽では小さすぎるので規格の60水槽(NISSOのNS106)を買い足しました。
 その頃通っていたお店が高崎のアマゾンです。
 アマゾンは淡水のほか少し海水も扱っていましたので、通っているうちにシクリッドより綺麗な魚がいることに気づき、難しいらしいけど、どうせならこっちにしてみようという甘い考えで海水魚を飼い始めました。 年号が平成に変わった少し後のことです。
 フィルターはNISSOのNS106に底面フィルターと上部ろ過のシステム。
 参考書はテトラの海水魚飼育図鑑。
 入れる魚はつぎつぎに死んでしまいました。

 そんなとき、ふとしたきっかけで前橋の天川大島にアクアジャパン?という海水魚専門店があることに気づきました。
 店長は原田さんという中年のおじさんで、アマゾンに比べると驚くほど状態が良く生体の種類も豊富でした。
 思い切って「海水魚をうまく飼えないのですが…」と相談してみました。
 すると「この濾材を使えば大丈夫」とセラミック製の丸い濾材を見せてくれました。「いくらですか?」と聞くと3,000円/kgとのこと。 まだ、ネジが閉まっていたので「そんなに高いの…」と思ったのですが、だまされたと思って買うことにしました。
 お店のろ過層から出してくれた種砂だったので、うまくいくはずだったのでしょうが、相変わらず白点が出てぽつぽつ★になってしまいます。
 お店の水槽は状態が良いので、自分の水槽の調子が悪い理由がよく判りませんでした。
 そんなある日原田さんが1冊の本を紹介してくれました。 本は「世界の海水魚・無脊椎カタログ」でした。

 読んでみると田辺さんを中心としたシーガルクラブのメンバーによって判り易く飼育方法が書かれていました。
 また、東京近郊にはいろいろな海水魚専門店があることに気づきました。
 早速その中から最初に行くお店を決めました。
 その名は上野の「ひかりアクアリウム」。
 水族館を顧客にする老舗ショップでなんとなく良さそうで家からも行きやすい場所が理由でした。
 夏の暑い日、汗をかきかき駅から歩いて行ってみました。
 ろ過について女性スタッフに話を聞いてみると「うちの上部ろ過層を使えばうまく飼えますよ」と親切に教えてくれました。
 値段を聞くと種砂付きで30,000円強。
 まだ、かろうじてネジが外れていなかったので「えっ」と思ったのですが、女性の笑顔を見ると「今度こそは大丈夫」と思い購入しました。
 セットしてみると良くなった気はするのですが、やっぱり魚はぽつぽつ★になってしまいます。
 そこで思い切ってシーガルクラブの大本山「SPLASH」に行ってみることにしました。

 その2に続く…。
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title 

hanapapa様 

初めまして。
コメントありがとうございます。

リンクのお申し出ありがとうございます。
リンクを貼らせて頂きました。

陰日性サンゴを飼育している人は少ないので、お仲間にして頂けるとうれしいです。

色々教えて頂けるとうれしいです。
宜しくお願いします。

No title 

こばると 様

早速にlinkを貼っていただきありがとうございました。
陰日性の飼育について、いつもいろいろと参考にさせていただいています(他のジャンルの記事も楽しく拝見しています)。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
恐縮ですがblogに早速質問させていただきました。
お時間のあるときにご教示いただけますと幸いです。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

hanapapa

Author:hanapapa
北関東に住むおじさんです。

最近の記事

Twitter

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。