hanapapa aquarium

海水魚&サンゴ飼育の備忘録です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンクメイト 10/7/13

 
 梅雨は気温差、水質変化などで水槽の調子を崩してしまいがちです。
 なんとか飼育しているタンクメイトは以下のとおりです。

メイン水槽(1200×600×600)
 ブラックバンド × 2
 グリフィス × 1
 ニシキヤッコ × 1
 シマヤッコ × 1
 スミレヤッコ × 1
 ツルグエ × 1
 リオプロポマsp? × 1
 ゴールデンストライプアンティアス × 4
 マダラハナダイ × 2
 オオテンハナゴイ × 1
 オシャレハナダイ × 1
 チゴハナダイ × 2
 チョークバスレット × 1
 フルムーンリーフゴビー × 2
 ハナグロイソハゼ × 1
 イソハゼsp × 1
 フーデットフェアリーラス × 2
 リンバウギィクロミス × 1
 スターリードラゴネット × 1
 追加:ミゼットラス × 1

LPS水槽(900×450×600)
 ベルスA × 4
 ハナゴンベ × 2
 キイロサンゴハゼ × 1
 スジクロユリハゼ × 1
 フタホシキツネベラ × 2
 リオプロポマsp × 1

陰日性水槽 (900×450×600)
 キンチャクダイ × 1
 アヤメヤッコ × 1
 オオテンハナゴイ × 3
 パープルクイーン × 2
 アサヒハナゴイ × 1
 アズマハナダイ × 1
 ランタンバスレット × 1
 ローズバンドフェアリーラス × 2
 アーグスコメット × 1
 ニシキハゼ × 1

 最長はゴールデンストライプアンティアスの23年半、新参者はニシキハゼの3週間です。
 そろそろ打ち止めにしないといけないところですが、好きな魚を目にすると思わずポチっとしてしまいます。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

まだまだ大丈夫です。
水槽をもう一つ作れば (*^ ^* )V

深海サンゴ水槽はもう出来たのでしょうか。
そちらの方も気になります。

私はキンシサンゴは今ある個体で飼育を止めようと思います。
他のサンゴの飼育条件をキンシサンゴに合わせなければいけないので、遮光とか水温とか少しめんどくさくなっています。

キンシサンゴを飼育しなければ深海性サンゴは飼育が大分楽になります。
水温も多分そんなに下げないでも飼育できるような気がします。
  • posted by こばると 
  • URL 
  • 2010.07/13 18:49分 
  • [Edit]

  

こばるとさん

おはようございます。
素敵な提案をありがとうございます。
頭のねじはほとんどありませんが、かすかに残ったねじ穴も綺麗になくなったら実行したいと思います。

陰日性を切り離してから2ヵ月が経過し水質も安定してきました。
試しに20℃以下に水温を下げたところ、魚の活性も下がってしまうようで20℃が飼育の限度になるようです。
20℃以上で長期飼育が可能な深海サンゴはアシナガサンゴ、センスガイなどでしょうか?
来季は入手して挑戦してみたいと思います。

キンシサンゴの飼育記録、順調に延びていらっしゃるようで良かったです。
特殊なサンゴの飼育はご苦労も多いことと思いますが、貴重な記録になると思いますので是非継続して頑張ってください。
  • posted by hanapapa 
  • URL 
  • 2010.07/14 09:11分 
  • [Edit]

NoTitle 

センスガイは23℃で飼育可能です。
23℃で半年飼育したことがあります。

半年以上可能だと思いますが、そこで別水槽(18℃)に移しました。
アシナガサンゴも多分20~22℃で飼育可能だと思いますが試したことがありません。

前回水温が23℃ぐらいに成ったときもアシナガサンゴは別に普通でした。
キンシサンゴは18℃以下でないときついと思います。

センスガイとアシナガサンゴなら遮光もそれほど神経質になることは無いと思います。
触手に餌を触れさせると自分から食べに来るので給餌も非常にし易いです。

センスガイは各タイプあるのでコレクション性も有ります。
アシナガサンゴも各タイプが有るのかもしれませんが、手元に有るのは今の所一タイプのみです。
  • posted by こばると 
  • URL 
  • 2010.07/15 10:56分 
  • [Edit]

 

こんにちは。
いつもご教示いただきありがとうございます。

21℃ですとセンスガイは○、アシナガサンゴは△、キンシサンゴは×のようですね。
キンシサンゴは他のサンゴで経験を積んでから低温水槽を立ち上げて単独で飼育してみたいと思います。
センスガイは道楽親父さんなどで購入できるようですが、アシナガサンゴやアサガオサンゴはいかがでしょうか?
やはり熊野灘の2社からでしょうか。

検疫水槽(60×45×45)が放置状態になっています。
高度な?上部濾過があるのでクーラーを買って低温水槽にしてしまおう とどこかからか囁きが聞こえるような。
  • posted by hanapapa 
  • URL 
  • 2010.07/15 13:00分 
  • [Edit]

凄い魚達 

憧れの魚が沢山いて凄いです

Re: 凄い魚達 

こんにちは。
マリンさんのblog拝見しました。
凄い魚を複数飼育されていてこちらこそびっくりしました。
飼育のコツなどblogでご教示ください。

http://blog.goo.ne.jp/shu-1226/e/609263e4e10fc930a06acde85a1535fe
こちらはとても勉強になりました。
  • posted by hanapapa 
  • URL 
  • 2010.07/16 12:37分 
  • [Edit]

ありがとうございます 

飼育のコツですか…何かなぁ?

ブラバン・ハナダイ・ベラの飼育のコツを教えて下さい
  • posted by マリン 
  • URL 
  • 2010.07/27 11:28分 
  • [Edit]

Re: ありがとうございます 

こんにちは。
コツというほどではありませんが、

ブラバン
1.水温…年間を通して23℃以下
2.水質…換水(月100%以上)、殺菌灯またはオゾナイザーの設置(炎症を起こしやすい)
3.餌…植物性の餌を多めに与える(クリルはニキビを誘発する、シュアーなどの高蛋白の餌は肥満しやすい)
4.混泳の場合、ブラバンを第一位にする。

ハナゴイ(ベントラ等も)
1.初期の餌付け
2.水質(殺菌含む)
3.混泳…群れで飼育する場合は幼魚から始める。幼魚が導入できない場合、メスだけにするかオスは1匹だけにする。混泳相手は小型ヤッコ程度まで
乱舞状態を長期維持するのは相当難しいです。少しずつ☆になり陰日水槽で10匹程度が自分の限界です。

ベラ
簡単な種類しか飼育していませんが
1.混泳…同族(イトヒキベラを複数など)は喧嘩する可能性が高い。
     フタホシキツネベラなどのボディアヌスは相当気が強く混泳魚(ヤッコなども威嚇する)に注意しないと危ない。

飼育しないと判らないことが多いと思いますので実践あるのみです。
  • posted by hanapapa 
  • URL 
  • 2010.07/27 16:59分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

hanapapa

Author:hanapapa
北関東に住むおじさんです。

最近の記事

Twitter

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。