hanapapa aquarium

海水魚&サンゴ飼育の備忘録です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

底面アクアリスト

 3月上旬に一度反省の機会があったが、どうも年をとったせいか忘れることがうまくなった?ようだ。

 前回の反省では魚に対するマナーとして”トリートメントタンクを持たねば”という至極あたりまえのことだったのだが、今回も同様で頭の螺子が全部外れて”飼育限界を超えた”ということ。 
 以前から自分の習性として魚を多く入れすぎるというのが”欠点”ではあったのだが、今年に入って自分の飼育したいと思っていたハナダイの入荷があいつぎ、結果購入、導入してしまった。
 1ヶ月ほどはなんとかなっていたのだが、一番弱い立場のハナゴイ、オオテンハナゴイがこの2~3日加速度的に☆になってしまった。 追われていないからとか餌を食べているからとか自分の良いように解釈して、懲りないところが”底面アクアリスト”の真髄かもしれない。
 結構痛い目にあっているはずなのに・・・
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ははは~ 

雪風さんも「アクアリストにとって一番大事なことは、生体をいかに追加しないで我慢することだ」ということを書いていましたよね^^
私もそれが一番だと思って、10年もの間引きこもりになっておりましたが、その間クイーンなど10年生きておりました。
人災事故死しました。
本当にうまく飼育している方って、付き合いもなく引きこもりでニヤニヤしている気がします。
ある事情でネット社会に入って付き合うことになりましたら、いろいろ欲しくなりました。
じっと我慢しております。・・・・無理かな・・・
  • posted by かずみ 
  • URL 
  • 2008.03/29 23:18分 
  • [Edit]

ネット社会 

 欲しい生体がいてもじっと我慢する。 アクアリストにとっては結構難しい話ですよね。
 今はネットで必要以上に情報が得られるようになっていて、昔のように特定のショップとだけおつきあいするというのが難しくなった気がします(自分だけかも?)し、うまく飼育されている方の情報も簡単に手に入れることが出来ますよね。 10年前とはえらい違いです。
 ネットでちょこちょこと確認していくと1ヶ月に1度位はこれは良さそうとか入れてみたいといった生体が見つかりますし、良さげな水槽を見るとチャレンジ魂?が燃えてくるし。
 水槽維持の秘訣はネット巡回しない、ショップにも行かない、情報誌も見ないで自分の水槽に専念することかもしれません。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

hanapapa

Author:hanapapa
北関東に住むおじさんです。

最近の記事

Twitter

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。