fc2ブログ

hanapapa aquarium

海水魚&サンゴ飼育の備忘録です。

Entries

ブレーカー

 昨夜の雨が山沿いでは雪となり、赤城、榛名、妙義の上毛三山もようやく雪化粧となりました。
 1カ月遅れの降雪ということで今年の冬も暖冬のような…。

 さて、昨日我が家で”大事件”が発生しました。
 帰宅後、水槽小屋を見ると真っ暗です(いつもは怪しい青い光が漏れているのに…)。
 小屋に近づいてもほとんど音が聞こえません。
 悪い予感がしつつ中に入ってみると…。
 電源が落ちていました。

 ひとまず室内のブレーカーをチェックしてみると…。




 こちらはすべて大丈夫のようです。

 雨の中、傘もささずに大慌てで屋外のブレーカーをチェックしに行きます。



 メインブレーカーが落ちています。
 …ということは漏電?


 急いで小屋に戻り子機のブレーカーをすべて落としてから、屋外ブレーカーを入れ直します。
 再び小屋に戻り子機のブレーカーをひとつずつ入れ直してみると…。

 1つ目、2つ目と大丈夫でしたが、4つ目を入れた途端落ちました。
 この回路に問題があるようです。
 配線をたどり接続機器の電源をすべて落とし、再度一つずつ電源を入れていくと…。

 どうやら陰日性水槽系統に問題がありそうです。
 陰日性関連のテーブルタップの電源を落とし、入れ直していくと…。
 機器には問題がないようです。

 最後に残ったのは何も接続していない水替え用のテーブルタップ。

 試しに電源を入れてみると…。 速攻落ちました。
 慌ててテーブルタップを引き出してみると…。


 タップが濡れプラグの差し込み口が黒く変色しています。
 結露か、設備からの漏水で漏電したようです。
 火事にならず良かった…と安心しましたが、続いて生体を確認します。
 おされが☆になったら洒落ではすみません。


 いつ停電になったかタイマーを確認してみると…。
 既に8~9時間経過している模様。
 続いて水温を確認すると…。
 メイン20℃(通常22℃)、陰日性20℃(通常21℃)、深海性17℃(通常16℃)と致命的な変化にはなっていません。
 さらに照明をつけ魚、珊瑚の状態を目視で確認します。


 暗闇になっていたせいで、ほとんどの魚が確認できません。
 唯一確認できたのは2ヵ月前に導入し行方不明状態だったメニ-ストライプバスレットのみ(こんな時に再会とは…)。
 サンゴのダメージはほぼなさそうだったので、ポンプの電源を入れてみることに。
 トサカの痛みでメイン水槽が若干白濁した以外は大丈夫のようです。

 心配なのでその後30分おきに見に行きましたが…。

 徐々に白濁も収まり魚も姿を見せ始め大丈夫そうな感じ。

 今朝の段階では魚もほぼ大丈夫でした(ようやく安心)。

 今後も白点の発生などに気をつける必要は残っていますが、低比重時のような全崩壊とならず本当に良かったです。

 週末には多めの換水をおこない、水質の改善を徐々にはかりたいと思います。

 
関連記事
スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

特に大きなトラブルにならずひと安心ですね。
私もこれからは機材や配線を確認するようにします。
  • posted by マコ 
  • URL 
  • 2010.12/11 02:50分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

今回はなんとか助かりました。
真夏だったら・・・。

漏電遮断機能のある子ブレーカーを付けておいたので、漏電があってもメインが先に落ちるケースはないはずと思っていましたが…。
油断や思い込みが危険ですね。

今回の事故への対応として子ブレーカーの動作電流をメインより低いものに変更し、メインを時延型にするつもりです。

毎日の目視、触診など安全点検が欠かせないですね。
  • posted by hanapapa 
  • URL 
  • 2010.12/11 12:01分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

hanapapa

Author:hanapapa
北関東に住むおじさんです。

最近の記事

Twitter

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム