hanapapa aquarium

海水魚&サンゴ飼育の備忘録です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰日性・深海性サンゴ

 長いと思っていた正月休みも今日まで。
 明日から仕事始めです。

 ということで?今日も換水200L。
 調子はぼちぼちを持続しているといったところでしょうか。

 メイン水槽
 11010301.jpg

 11010302.jpg>

 LPS水槽
 11010303.jpg


 陰日性水槽
 11010304.jpg

 ハナタテが崩壊を繰り返すので深海性へと移動してみました。
 その後のメンバーはこんな感じ。

 ウチウラタコアシサンゴ
 11010311.jpg

 ジュウジキサンゴ
 11010312.jpg

 タバネイボヤギ
 11010313.jpg

 上3個(濃緑・黄緑)ナンヨウキサンゴ、下(オレンジ)イボヤギ
 11010314.jpg

 深海性サンゴ水槽
 11010305.jpg

 着状態の悪かったキンシサンゴが☆になってしまいました。
 立ち上げからしばらく経過し、安定してきたようなのでハナタテを陰日性から移動、その他オオイボキサンゴ、フタリビワガライシ、オキノセキサンゴを加え少し水槽内が賑やかになりました。

 オオイボキサンゴ
 11010306.jpg

 キンシサンゴ
 11010307.jpg

 ハナタテサンゴ
 11010308.jpg

 左・不明種、右・ニイノタコアシサンゴ
 11010309.jpg
 こばるとさんから頂いたニイノタコアシサンゴがようやく開きやすくなりました。

 センスガイ
 11010310.jpg

 色・骨格などで分けてみると左奥と右手前が紅白・臙脂触手タイプ、左手前と中央奥、右中央がオレンジ(赤)・透明触手タイプ、中央手前紅白・臙脂透明の結合個体、中央真ん中と右奥が紅白・黄触手タイプと4種類あるようです。
 
 陰日性・深海性サンゴは入荷シーズンに入ったのでどんな個体が追加できるか楽しみです。
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

キンシサンゴホワイトタイプ、状態よさそうですね。
キンシサンゴの中ではホワイトタイプは数が少なく一番綺麗です。

初めからホワイトなのと、水槽に入れてから少しづつホワイトに成るタイプが有ります。
薄い茶色はホワイト(完全な白ではないですが)になりやすいです。

アシナガサンゴも初めの茶色が色抜けしていき、半年ぐらいで白に成ります。
うちのはもう全個体殆ど白に成りました。

もしかしたら茶色い砂泥上に居たのが、白いサンゴ砂の上に置いているので白くなるのかなって思います。
底砂を大磯にすると茶色っぽく成るのかも知れません。白い方が綺麗なのでしませんが。

キンシサンゴ今期は出始め多量に上がっているみたいで、じっくり入荷後少したった個体を選ぶと良いです。
上がったばかり、初めの一週間は落ちる個体が多いですから。

ハナタテサンゴは、崩壊し始めた個体と触手が触れ合っていた個体も、崩壊する可能性が高いので、崩れ始めたら直ぐに水槽外に出した方が良いです。

ハナタテサンゴは弱ってきた個体は共肉に皺が寄ってくるので分かります。
弱った個体は持ち直さないのでなるべく早めに水槽外です。
  • posted by こばると 
  • URL 
  • 2011.01/04 13:09分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

こばると 様

昨年中は大変お世話になりましてありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いつもご教示いただきありがとうございます。
キンシサンゴ1個体は入手後2ヶ月を経過、なんとか維持できています。
これもこばるとさんに飼育方法をご教示いただいたおかげです。

キンシサンゴ、アシナガサンゴは環境に応じて白化するのですね。
理由は違いますが好日性サンゴの褐虫藻が抜けブリーチするのと似ていますね。

残念ながらアシナガサンゴまだ入手できていません。
そろそろさりげなくかつしつこく?メールでお願いしようと思います。
また、状態良いキンシサンゴの在庫があれば一緒に1、2個追加したいと思います。
その前にご教示いただいたよう他のサンゴと接触しない対策も実施しておこうと思います。
  • posted by hanapapa 
  • URL 
  • 2011.01/04 22:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

どれも良く開いてますね。

私もイボヤギやハナタテ入れましたが、まともに開いてくれるのはハナタテくらいで、なかなか難しいです。。。
  • posted by マコ 
  • URL 
  • 2011.01/08 02:33分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

こんにちは。

ハナタテ、ウチウラなどはすぐ咲きますが、口盤の小さいキサンゴほど咲かせるのが大変です。
種類や入手時の状態によって左右されますが、咲かせるまで数カ月、常時開かせるまでには年単位が必要なものもあるようです。
手間をかければ応えてくれるサンゴ達なのでやりがいはありますが…。
可能なら天然海水やプランクトンを入れると効果が高いようです。
  • posted by hanapapa 
  • URL 
  • 2011.01/08 18:55分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

hanapapa

Author:hanapapa
北関東に住むおじさんです。

最近の記事

Twitter

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。