hanapapa aquarium

海水魚&サンゴ飼育の備忘録です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺菌灯増設

 8時過ぎに宅急便の営業所で荷物を受け取った。 今回は崩壊前にお願いした魚1匹と殺菌灯。
エコシステムとカミハタ殺菌灯

08062801.jpg


 魚は先週末B-Boxさんで特価になっていたイトヒキベラ。

08062802.jpg


 殺菌灯はBHさんからカミハタターボツイスト12×36 Wを安く譲っていただいた。
 魚は水温、水合わせを2時間ほどおこなって隔離ケースへ投入。
 殺菌灯はRMD551をチャンバーで3分岐し12×36からQL-8へと通し、シースワールから本水槽へ。 12×36への配管は15mm耐圧ホースを利用したが付属部品ではうまく固定できなかったのでねじ式のホースバンドと接着剤を利用しました。
 水の透明感が出て、殺菌効果が強くなるといいのですが…。
 まだ海藻が入っていません


08062803.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 

お久しぶりです。
ECOのサンプには、ゴミ取り用?のバイオボールが入っていないのですね。自分もECO用の水槽を立ち上げたいです。
  • posted by TAKA 
  • URL 
  • 2008.06/28 23:11分 
  • [Edit]

TAKAさんへ 

こちらこそご無沙汰してます。
市販されているエコシステムは3層に分かれていて、最初と最後にバイオボールが入っていますが、自分のは既存のろ過槽が第1層と考えられています。また、第3層の目的である海藻の破片が本水槽に流れ込まないよう、排水口にネットを敷設していただいています。
そのため追加のシステムはベアタンクとし全面にミラクルマッドを敷いたろ過部分のみを追加しています(といってもシステムの設計はVESSEL・O店長にお任せ状態です)。
以前のMA38号で取り上げられた米国のパレッタさんによると流量・水流が成功の決め手とおっしゃっていますので、今後はこちらを調整していきたいと思っています。(といっても肝心の海藻が入っていませんが…。)
気付いた点等はまたBlogに掲載させていただきます。 今後ともよろしくお願いいたします

 

hanapapaさん、
なるほどー。勉強になります。
USにどれくらいECOユーザがいるのか気になります。以前、少し聞いてみたいのですが、全然いませんでした。もっと流行っていてもよいはずですが。
  • posted by TAKA 
  • URL 
  • 2008.06/30 00:33分 
  • [Edit]

TAKAさんへ 

エコ(マッド?)システムがいいかなと思ったのは、
1.ベルリンのように大掛かりな設備にならない。
2.電気代があまりかからない。
3.日常の管理がラクそう。
といったところでしょうか。
ミラクルマッドはかなり高いですが、2年に半分の交換で済むようですし・・・。
システムとして有効かどうかは何年か飼育してみないとわかりませんが・・・(確認できればいいのですが・・・ 違いがわからないおじさんですので)。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

hanapapa

Author:hanapapa
北関東に住むおじさんです。

最近の記事

Twitter

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。